水素水の効果 飲み方 選び方

水素水は身体に入るとどうなる?


原子番号は「1」。
構造が一番単純で、常温・常圧では無色、無味、無臭の気体です。
原子の中では一番軽く、単原子では酸素以上に活性度が高く、他の物質と容易に結合する性質があります。

 

 

そして、この水素を体内に入れると、直ぐに活性酸素と結合して、それを中和(還元)します。つまり、体内の活性酸素と素早反応し体外へ水となって排出してくれるのです。

 

 

人間が生きていくためには、エネルギーが必要です。そのエネルギー源は、酸素を利用して栄養素を分解して作り出されています。その時に、活性酸素を副産物として発生してしまいます。

 

 

この活性酸素には、善と悪の2種類があり、善玉の活性酸素は、体外から侵入してきた細菌やウィルスを、白血球がこの活性酸素を使用して攻撃し除去してくれます。

 

botan1

 

 

 

一方の悪玉の活性酸素が、過剰に発生し体内に溜まってしまうと、体内のあちこちで暴れまくります。そして、細胞を酸化(サビ)させたり、細胞膜を破壊したり、DNAを傷つけ、様々な病気や老化、生活習慣病を含めた疾患の原因にもなっているのです。

 

 

 

ですから、この元凶の活性酸素を消去することが出来れば、上記のような疾患を減らすことが出来るわけです。
そこで期待されているのが、「水素水」。

 

 

 

この水素水は、活性酸素を消去するもっとも強力な物質で、反応の確実性、スピード、力強さのどれをとっても第一級の物質といえます。

 

 

 

この活性酸素を除去する「抗酸化物質」には、スーパーオキサイドディスムターゼ(SOD)やカタラーゼなどの抗酸化酵素以外にも、食物に含まれているビタミンC・E、βカロチンなどがありますが、活性酸素を除去するには微力であり、抗酸化作用においては、水素水にはかないません。

 




業界トップクラスの高濃度水素水

水素濃度7.0ppm!!医療現場でも支持!!

今なら初回価格で、且つ送料無料!

高濃度水素水【セブンウォーター】