水素水の効果 飲み方 選び方

水素水は癌にも効果がある!


水素水には活性酸素を除去する能力があり老化予防に効果があると言われております。

 

この活性酸素は身体の錆びと言われ、人間の体の中には酵素という物質があり、ある程度は抵抗することは可能ですが
過剰に増えてしまうと分解しきれず悪玉活性酸素となるのです。

 

悪玉活性酸素は、体の中の細胞を攻撃しそれが原因となり、老化を促進したり癌を発生させます。botan1

 

癌は通常の細胞より猛烈なスピードでどんどん増殖していく病気であり、体のいろいろな部分に転移していきます。

 

この癌を治療すためには手術で取り除いたり、細胞そのものを焼くという方法や抗がん剤で治療するという方法がありますが、
それ以外に水素水がこの癌に対して効果があるのです。

 

2007年に人間の身体にとって様々な良い効果があると証明されて以来今日までに300以上もの論文が発表され
その効果が実証されております。

 

 

そんな中で水素水は大腸癌に対する抗がん作用を増強する事が明らかになりました。
また水素は神経性疼痛を軽減したりアトピー性皮膚炎にも有効である論文も出ております。
アトピー性皮膚炎に長年苦しんでいる私の親戚にお風呂上りに水素水を身体に塗る事を進めた所、見事1ヶ月後には痒みが落ち着いたとの事でした。

 

まだまだごく一部の研究ですが今後さらなる研究が必要であり、現在多くの研究者により広く精力的な研究がおこなわれています。

 

水素水が癌に期待できることは?

水素水には、体内で過剰に増えてしまった悪玉活性酸素を
無害なものに変える抗酸化作用があるからです。

 

その為、体内の悪玉活性酸素を減らし、癌細胞の発生を抑えられ、癌の予防に期待できます。

 

また、癌の転移を未然に抑制することも期待できます。

 

細胞内のミトコンドリアが癌の転移に大きく関係していると言われていますが
癌細胞内のミトコンドリアは、エネルギーを作る時に通常の細胞より大量の活性酸素を発生させます。

 

そういった活性酸素に水素が作用し、癌の転移を防止することが期待できます。

 

これ以上癌細胞をを増やさない、癌の改善も大きく期待できます。

 

現在、水素水で癌細胞の減少、抑制ができるという論文が発表されています。

 

この様なことから水素水で癌を予防する、または好転する可能性は十分期待できる事です。